今更ながらリップルについて調べてみた

2017.04.07Ripple仮想通貨

リップルとは

 

新時代の概念として注目されている仮想通貨です。


仮想通貨の中で、注目が高い通貨の一つに『リップル』があります。

 

 

リップルというのは、アメリカの「Ripple Inc」という会社によって開発が進められている、決済サービスの名前です。

 

金融機関で行われているお金の送金システムを低コストかつ早くするサービスです。

 

このリップルというシステムの中で円とドルの間の「仲介通貨」として使用されるのが「XRP」という仮想通貨です。

 

銀行などの金融機関でリップルのシステムが普及すれば、XRPも価値が上昇するだろうと考えられており、注目が集まっています。

 

そのため、複数の銀行が今後国際送金に採用すると表明しています。そして現在、リップル(XRP)は、仲介用としてだけでなく、取引所で購入することで保有することもできます。

 

 

リップルの購入方法

 

コインチェックでのリップルの購入方法を別途記事にしております。

 

そちらを参照ください。

 

 

リップルの値上がりと今後

 

ビットコインが発表されて以来、仮想通貨業界は流通量のほとんどがビットコインです。

 

しかし、現在アメリカでは、ニューヨーク金融サービス局による、ビットライセンス、違法行為やマネー・ロンダリングに対処すべく、

 

ビットコイン取り扱い業者を規制するためのライセンス制度が引かれ、仮想通貨に対して厳しく規制がかけられています。

 

そんな中でも、リップル(Ripple)のネットワークに加わるという既存の銀行が現れたり、世界大手のクレッジトカードと連携をするというニュースが流れたりしています。

 

また、XRPにGoogleが出資し、ニューヨーク州の金融庁がXRPを正式な暗号通貨として認めたという暗号通貨の波が押し寄せてくるようなニュースもありました。

 

海外旅行にも便利なリップル。他の暗号通貨とは違った銀行のような便利な機能を持つXRPは今後も世界的に普及していくのではと今後の見解も多いようです。

 

なので、リップル自体は今後も色々な活躍の場が期待されそうですね。

ページトップ

各セミナー情報はこちらです