ビットコインに次ぐ巨大仮想通貨 イーサリアム(ethereum)とは?

2017.04.13Ethereum

みなさんこんにちは。

今何かと話題のイーサリアム(ethereum)について聞いたことはありますか?

ビットコインコインはNHKや日経新聞で報道され
みなさんもたくさん耳にするようになったと思います。

また、最近ではリップルが急な価格上昇が注目され、話題となりました。
リップルを買っておけば良かったという人がたくさんいましたね!

リップルに関する記事はこちらからご覧ください。
今更ながらリップルについて調べてみた

 

そんなリップルとビットコインと併せて必ず話題になるのがイーサリアムです。
仮想通貨の流通量でビットコインに次ぐ規模を誇るこのイーサリアムですが、
実はよく知らないという方も多いと思います。

今日はイーサリアムについてまとめますので、ご覧ください。

 

そもそもイーサリアム(ethereum)とは?

 

新時代の概念として注目されている仮想通貨

現在、次世代の仮想通貨、仮想通貨2.0として注目が集まっているのが

イーサリアム(Ethereum)です。

 

イーサリアムはビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨です。

 

ビットコイン以降の仮想通貨(アルトコイン)に多いのが、ビットコインの技術に新たな技術を加えて新たな価値を創造しようとする形です。

 

ですので、ビットコインは仮想通貨バージョン1.0の時代のもの、その他の仮想通貨はバージョン2.0のものと表現されることもあります。

 

イーサリアムは仮想通貨のバージョン2.0にあたるもので、ETHという仮想通貨には、

 

契約(スマートコントラクト)を実現しようという目的があります。

 

スマートコントラクトというのは端的に表すと、契約の条件確認や履行までを自動的に強制させられる仕組みと言われています。

 

イーサリアムは、ビットコインが取引記録を取引台帳に記録する事に加え、契約の情報も台帳に記録します。

 

この「契約も一緒に管理する」という部分が、ビットコインとの一番大きな違いであり、イーサリアムの一番の特徴になります。

 

イーサリアムに起きた大事件

順調にそのシェアを拡大していたイーサリアムですが、
2016年7月にイーサリアムで大きな事件が起こりました。

 

イーサリアムのプラットフォームから作られた新たな仮想通貨であるthe DAOという通貨を経由して、イーサリアムが不正に抜き取られるという事件です。

 

the DAOという通貨の中にあったプログラムのバグを利用してイーサリアムが大量にハッカーの手に不正取得されました。

 

ただ、イーサリアムは、この事件の対応として、修正作業(ハードフォーク)を実施して、不正取得された通貨を使えなくする対策を実施しました。

 

この対応で一旦は解決したのですが、この事件がイーサリアムの支援団体の中でもめるきっかけになります。

 

対策として行った「修正(ハードフォーク)」という行為が「仮想通貨の理念に反している」と考える人が多数いたからです。

(誰かの利益のために、修正とか改変できる通貨はよくないという考えです)

 

そこで、イーサリアムの修正(ハードフォーク)に反抗する人達によって、

イーサリアムから分派した通貨が作られました。

 

それが「イーサリアムクラシック」です。

 

イーサリアムクラシックとは?

イーサリアムクラシックはイーサリアムから分派した通貨です。どういう通貨なのかという部分に関しては、イーサリアムとほぼ同じ通貨といえます。

イーサリアムクラシックは、純粋にブロックチェーンによって、誰にも干渉をうけない通貨を目指しているようです。

ですので、現在は「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」のどちらが将来的に普及していく通貨になるのか注目が集まっています。

現在、次世代の仮想通貨として話題になっているイーサリアムですが、2016年7月にイーサリアムから分派したイーサリアムクラシックが誕生しました。

 

 

イーサリアムの購入方法

ビットコイン同様、イーサリアムも購入が可能です!
購入の方法はこちらをご覧ください。

イーサリアムの購入方法

 

 

 

イーサリアムの今後の可能性

ここまで素晴らしい価格高騰を見せたイーサリアムですが、今後の将来性はどうなのかという部分が多くの人が気になるところですね。

もちろん、実際どうなるのかはわかりませんが、イーサリアムではいくつか期待が持てるニュースが出てきています。

まずはイーサリアムがマイクロソフトと提携したというニュース。

イーサリアム×マイクロソフトのプラットフォームには続々と大手金融機関が参入してくる可能性を秘めています。

もう一つは、ウィンクルボス兄弟が運営している取引所がイーサリアムの取引も開始したというニュース。

この兄弟がイーサリアムに関わってくるということで、かなり熱い期待を寄せている人が多いです。

現状ではイーサリアムをプラットフォームの土台として、新たなシステムが色々登場しており、徐々にシェアを広げている感じがあるので個人的には今後の将来性も期待できるのではと感じています。

 

 

 


マザーラウンジ仮想通貨セミナーご案内  

■□■□【参加無料】来場者全員にビットコインをプレゼント!■□■□

マザーラウンジは、ビットコインのセミナーを開催しています。

【このような方にオススメです】

●ビットコインについてイマイチ理解ができていない・・・
●ビットコインをマイニングするってどういうこと?
●ビットコインの税金対策、納税はどうしたらいいの?
●ブロックチェーンの作り方が分からない
●ビットコインの投資案件にたくさん誘われている、どれが良いのかわからない
●ビットコインの最新情報を知りたい

マザーラウンジでは、ビットコインについて様々な角度から丁寧に解説を致します。
セミナーの申し込みはこちら→ セミナー参加申し込み

 

ページトップ

各セミナー情報はこちらです